坂の町の自転車店 Clean Water Factory
PASの市販モデルは十分格好良くて、機能的にも不満を感じるところは無い...とは言っても、そこは量産品の性。メーカーはコストと戦いパーツを用意し出来るだけ安くて良い物を製品として仕上げてくる。よくよく見ると「ちょっと寂しいパーツ」が付いてしまったりもする。
そういった部分をカスタムでグレードの高いパーツに換えてあげると、ものすごく格好がよくなる。また、そこに自分だけのオリジナリティーが出せればなお良い。
市販モデルは、機能的にも最小限(必要十分な)となっている。
また、お客様の使い方は千差万別なので、その使い方にあわせた機能を追加するカスタムは、色々な方向性がある。
 性能アップ
主に【軽いパーツ】【作動性の良いパーツ】【耐久性の高いパーツ】に交換してあげると自転車としての乗り味やフィーリングが格段に向上する。ただし、これらのパーツはどれも桁外れに高価なものが多いのでご注意を。
自転車は人力で動く乗り物なので、軽ければ軽いほど、人間への負担が減ってくる。重量が軽い、転がり抵抗が軽い、回転抵抗が軽いなど色々あるが、どれも軽いにこしたことは無い。ただしPASの場合はモーターがアシストしてくれるので、軽くすることに目の色を変える必要は無いのでは...軽いに越したこと無いけどね。
 外観を格好良く
ここはオリジナリティーの出しやすいカスタムといえる。まずはここからという方も多いはず。CWFとしてもこのカスタムはお勧め。主に、【サドル】【グリップ】【タイヤ】【ペダル】この4点をバランスよくオリジナルチョイスのパーツに換えてあげると、ものすごく印象が変わる。
「自分だけの1台」が完成するのだ。このカスタムは費用対効果がものすごく高いのもお勧めのポイント。
この4点を換えても、1万円前後で済んでしまう。また、サドルやグリップは乗車フィーリングを変えることも出来るし、タイヤは走行フィーリングを変えることも出来る。あくまでもバランスよくが重要だ!
 機能を追加
PASの使い方は、お客様によって千差万別である。【走行距離】【走行エリア】【ビジネスユース】【レジャーユース】...と限が無い。使い方が変われば、自転車に求めるものも変わってくる。
例えば、「通勤で使うので、ビジネスバックが自転車に乗せられるようにしたい」「趣味のツーリングで使うので、ハンドルにGPSナビゲーションを取り付けたい」「夜間走行が多いので、明るいライトをつけたい」などのご要望を適えるために様々なパーツを取り付けることが出来る。
これらのパーツは種類も豊富で、機能の差、デザインの違い、品質の違い等でお値段も様々だ。注意したいのはやはり、バランス!
Custom Sample
 BRACE-XL
 
 YPJ−R
   
 NATURA
  
 Mina
   
 Other